ケノンの痛みはどれくらい?

↓期間限定の最安値キャンペーンはこちら↓

ケノンの痛みは?

 

 

ケノンの痛みはどれくらいなのでしょうか?

 

「ケノンの購入を考えているけど、痛くないか不安・・・」
「痛みに弱いので、ケノンを使うのは怖い・・・」

 

ケノンの痛み

このような不安を抱えている方、凄く多いのではないでしょうか。
レビューサイトや口コミを見ても「ケノンは痛みを感じにくい」と評判ではありますが、やっぱり個人差もあるし施術部位によってもその痛みは変わってきます。

 

では、実際のところ、ケノンの脱毛は痛いのでしょうか?痛くないのでしょうか?

 

ケノンには痛くない使い方がある?

 

実は、ケノンの痛みを感じるか感じないかは、ケノンを使う前に前に「しっかりとクーリングを行えているか?」で変わってきます。

 

ケノンの取扱説明書にも記載してあるのですが、施術前には付属品の冷却材でキチンとお肌を冷やしておくことが凄く大事なことなんです。
これをすると、お肌に無駄な熱が加わることを防げるので、フラッシュの熱はもちろん、チクチク感やパチンとゴムを弾かれたような痛みを感じることなく施術することができます。

 

そして、できれば最初はレベル1(最弱)から始めるのがベストです。

 

良くある勘違いとして「フラッシュ脱毛は痛みを感じないと効果が無い」と思われている方が結構多いんですが、これは全くの誤りです!
確かに照射レベルによって効果は変わりますが、全く効果が無いということはありませんので、自分に合ったレベルを探すためにも、最初は弱いレベルから始めましょう。

 

そうすれば、全く痛みを感じることなく快適に脱毛をすることができますよ♪

 

 

 

ケノンの痛みは?

ケノンが痛くない秘密とは?

 

実は、ケノンは脱毛サロンの光脱毛よりも痛くないって知っていましたか?

 

どちらも同じ光脱毛だから、痛みも変わらないような気がしますよね。
でも実は、大半の脱毛サロンで行われている脱毛方法とケノンの脱毛方法には少し違いがあるんです。

 

 

 

まず、現在ほとんどの脱毛サロンで行われているのはIPL脱毛と言うもの。
これは、メラニン色素だけに反応するインテンスパルスライト(IPL)というフラッシュ光を照射することで、毛と毛根にダメージを与えて脱毛するという仕組みです。

 

一方のケノンはというと、その仕組み自体はIPL脱毛と全く一緒ですが、1回のフラッシュ時間がより短くなっているんです。
具体的に言うと、ケノンのフラッシュはUSPL(ウルトラショートパルスライト)というもので、最短400マイクロ秒(0.0004秒)という早さで照射します。

 

ケノンの痛み

一回の照射時間が短くなれば、それだけお肌に熱が伝わる時間が短くなる為、IPLよりももっと痛みを軽減できるという訳です。

 

そのうえ、照射時間が短くなれば、それだけお肌にダメージを与える可能性も低くなるため、より強いパワーの光を照射することができるようになります。
そうすると、当然、脱毛の効果が現れるのも早くなります。

 

まさに、「一石二鳥」な脱毛が、ケノンのUSPL脱毛なんですね♪

 

 

 

ケノンの痛みは?

これが痛くないケノンの使い方!

 

上記のように、痛みを感じにくい仕組みのケノンですが、やはりいきなりレベル10(最大)を照射するとさすがに痛みを感じると思います。
ですから、痛くないように安心して使えるように、以下の手順を守って使うようにしましょう

 

とにかくまずは充分な冷却を!

脱毛をするパーツは、フラッシュの照射前にキチンと冷やしておきましょう。
お肌に熱が伝わるのを防げるので、照射後に赤くなるなどのトラブル対策にも効果的です。

 

ほくろは隠しておく!

ほくろはメラニン色素が濃いので、ケノンの光が加わると痛みを感じたり思わぬトラブルになったりすることもあります。
フラッシュを当てる前に、ほくろを隠すように明るめのトーンのコンシーラーなどを塗っておくと、手軽にほくろ対策ができます。

 

照射レベルは1からスタート!

そしてやっぱり、レベルは1からが基本です。
特にVIOなどのデリケートな場所や、顔などの皮膚が薄いパーツでは、どうしても痛みを感じがちです。
逆に腕や足などは、いきなり4くらいから始めても「全く痛みを全く感じない」や「輪ゴムで皮膚をはじかれた感じの痛み」と言う方がほとんどです。
耐え切れないほどの激痛!なんてことはまず無いと思いますが、まずは念のためにレベル1からの照射をおすすめします
また、連射モードにすると、1回あたりの照射パワーを軽く出来るので、こちらの使用もおすすめです。

 

照射後にも仕上げの冷却を!

そして最後に、フラッシュの照射後にはお肌を再び冷却しましょう。
これで、お肌に残ってしまった熱を取り除いて、施術後のヒリヒリ感や赤みをなくすことができます
充分に冷却した後は、きちんとローションなどを使って保湿をするようにすれば、痛みや肌トラブルへの対策はバッチリです。

 

 

 

このように、ケノンを正しく使って、痛みを感じずに綺麗なお肌を手に入れましょう♪

 

 

 

ケノンの痛みは?

 

 

 

ケノンの痛みは?